ミスや失敗の捉え方

コーチング名古屋ブログ

HJ157_72Aミスや失敗をしたとき、どのように捉えるかによって、セルフイメージは大きく変わります。

ミスや失敗をしたとき、自分を責めてしまうと、セルフイメージは下がります。

ミスや失敗をしてしまうだめな自分というイメージを自分にすり込むことになるからです。

ではどうしたらいいか。

セルフイメージを下げないためには、ミスや失敗をしたとき、「自分らしくなかった」と捉えるのです。

先日、イチローが、日米通算4000本安打を記録した際、インタビューで次のように語っていました。

「誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」

イチローは8000回の失敗と向き合い、それでもセルフイメージを維持し続けることができたいう事になります。

4000回の成功よりも、8000回の失敗に向き合えたことの方が誇れるというのは、実に示唆に富んでいる言葉だといえます。

  • 最短ルートで成功したい
  • コーチングを一度体験してみたい
  • ピンときたらお申し込みください。
    直感があなたを成功へと導きます。

そんなあなたはこちらからお申込みください

体験コーチングセッション申込み
  • コーチングに関する情報が欲しい
  • コーチングには興味がある
  • いつか成功したいと思っている

そんなあなたはこちらからご登録ください

自己実現コーチング無料メルマガ
お名前
メール