半沢直樹と倍返し

コーチング名古屋ブログ

HJ121_72Aテレビドラマ半沢直樹が大きな話題になっています。

一番の話題は「倍返し」と「結末」

賛否呂論が巻き起こっていますね。

この、「倍返し」と「結末」をこの宇宙の原理原則から考えてみたいと思います。

 

まず、倍返しですが、これは、明らかに宇宙の原理原則に反してしまっています。

反しているのは、作用反作用の法則と、エネルギー保存則。

受けたエネルギーと同じエネルギーを返すのがこの宇宙の原理原則。

復習で2倍返してしまうと、増えた分は自分に返ってきてしまいます。

その結果が「結末」だと思います。

大和田常務が降格で済んだのに対し、半沢は出向。

増やしてしまった分の恨みが自分に返ってきた結果だといえます。

 

では、どうすればよかったか。

「倍返し」ではなく、「1倍返し」にすればよかったのです。

そうすれは、宇宙の原理原則に反することはありませんでした。

おそらく、「結末」も違ったものになっていたでしょう。

 

あと、さらにいえば、何かされて返さないのも宇宙の原理原則に反しています。

いやなことをされたら、いやなことを返さないとだめです。

ドラマでたとえると、大和田常務は、多くの人にいやなことをしてきましたが、だれもそれを返さなかったため、誤った成功体験を積み重ねてしまったのです。

半沢がきちんと返したことで、やっと誤った方法であったことに気づき、自らをただすことができたのです。

このように考えると、いやなことをされて我慢することは、宇宙の原理原則に反していることが理解できると思います。

与えたものが返ってくる。

そして、与えられたものを返す。

宇宙の原理原則はきわめてシンプルです。

  • 最短ルートで成功したい
  • コーチングを一度体験してみたい
  • ピンときたらお申し込みください。
    直感があなたを成功へと導きます。

そんなあなたはこちらからお申込みください

体験コーチングセッション申込み
  • コーチングに関する情報が欲しい
  • コーチングには興味がある
  • いつか成功したいと思っている

そんなあなたはこちらからご登録ください

自己実現コーチング無料メルマガ
お名前
メール